酸素カプセルへの疑問 疑問その1 酸素カプセルにはどんな種類がありますか??

酸素カプセルへの疑問  ?疑問その1 酸素カプセルにはどんな種類がありますか?

疑問その1 酸素カプセルにはどんな種類がありますか?
答え  俗に酸素カプセルと呼ばれるものには、大きく分けて2種類あります。その1つは
高気圧酸素のカプセル(Hyperbaric Oxygen、HBO)と呼ばれるものであり、2?6気圧で100%純酸素を用いるものです。これは医療(治療)目的で使用されており、医師による取扱いが必要になります。当然、治療効果があるということは、それだけ副作用も伴うことが想定されますし、純酸素を用いるということは、それだけ爆発等の危険性も大きいということが言えます。
もう一つは
健康気圧空気のカプセル(Hyperbaric Air、HBAと呼ばれるもの)であり、1.1?1.3気圧で空気だけを用いるものです。空気中には約21%の酸素が含まれていますから、HBAといえどもカプセル中に21%酸素があり、酸素カプセルの1種とも言えるわけです。
両者は、特定のガスを加圧するという点では同じですが、使用する圧力の範囲とガスの種類に違いがあります。
ちなみに、当協会が推進している
Health Care Chamber(HCC:健康気圧チェンバー)はHBAのカテゴリーに含まれ、HCCも通称酸素カプセルと呼ばれていますが、高濃度の酸素を使用しているわけではないので、正しい呼び名かと問われると疑問が残るところです。